ニキビ跡のクレーターは美容クリニックで治療する|目標はつるつる肌

ウーマン

乳腺下法でバストアップ

バスト

授乳に問題が無い施術法

バストアップの効果がある、豊胸手術には色々な施術法があります。その中の1つに挙げられるのが、「バッグ挿入法」です。バッグ挿入法は古くから行われている豊胸手術で、シリコンによってバストアップします。大幅にバストアップ出来るとして、理想のバストラインを作りたいという方に、人気の豊胸手術です。ただ、バッグ挿入法といっても、シリコンを入れる部位によって、施術の方法は変わります。乳腺下法という施術法は、バストにある乳腺の下にシリコンを入れる術式です。乳腺の下にシリコンを入れるので、乳腺が傷つく事もなく、授乳も問題なく行えます。また、筋肉にメスを入れない術式ですので、施術後の腫れや痛みも小さいという点が、乳腺下法の特徴です。乳腺下法は、ある程度バストに脂肪がある方、そしてバストが垂れているのを改善したいという方に、向いている豊胸手術と言われています。

マッサージは丁寧に

乳腺下法はバッグ挿入法で用いられる、術式の1つです。乳腺の下にシリコンを挿入する術式で、自然な触り心地になりやすいという魅力があります。多くの場合はワキの下を切開し、そこからシリコンを乳腺の下に入れる為、乳腺下法であればバスト部分に傷跡が残るという心配も、ほとんどしなくて良いでしょう。バッグ挿入法に精通している医師であれば、失敗のリスクも無く安全性の高い豊胸手術ですが、乳腺下法を受ける際に注意したい点があります。それは施術後のマッサージです。バッグ挿入法は丁寧にマッサージしないと、バストが固くなるカプセル拘縮が起こります。乳腺下法はカプセル拘縮が起こりやすくなる為、この術式でバストアップした際は、丁寧にマッサージを行いましょう。マッサージをしっかり行えば、カプセル拘縮は予防できる後遺症です。