ニキビ跡のクレーターは美容クリニックで治療する|目標はつるつる肌

ウーマン

失われた乳房を作る

胸

乳がん治療

女性にとって乳房は女性の象徴とも言えるものですが、一方で女性のがんの中で多いのが、乳がんです。乳がんは乳房を構成する乳腺に発生するものです。早期発見が出来れば放射線や抗癌剤を使った温存治療が可能ですが、遅れると切除する必要があります。乳房を切除することでがんを治療することができますが、乳房を失うということで外見的な変化が大きく精神的なショックを受けるケースもあります。このため乳がん治療では術後に乳房再建をするかどうかを確認してから行われます。特に乳房再建を手術前に希望する場合にはがんの摘出手術を行うと同時にある程度、再建時に配慮した治療が行われます。もちろん、乳房再建は術後からも行うことが可能です。

乳房を作るメリットは

乳がんの摘出によって失われた乳房を作る方法としては、おおまかに2種類ありひとつが美容整形などで行われる人工物を挿入するものと、もうひとつが身体のほかの場所から脂肪と筋肉を採取して移植して乳房を作るというものです。人工物を挿入する乳房再建のメリットは、身体の他の場所の脂肪や筋肉を採取する必要がないため乳房再建に掛かる時間が短くて済むということです。また傷に関しても最小限に抑えられますが、反対に人工物であるため、身体の変化に付いていけず、将来的に不自然な形になるリスクがあり、抜去入れ替えを行う必要があります。いずれにしても、乳房再建をすることで、切除によって失われた乳房を取り戻すことができ、喪失感を軽減することができます。